黒にんにくがダイエットに効果的と言われる2つの秘密

痩せたい

  • 食べる量を減らしてもなかなか痩せない!
  • 少しの運動で効果的に細くなりたい!
  • ダイエットしながらも肌を美しく保ちたい!

 

 

ダイエットというと、簡単に思いつくのは「食べる量を減らすこと」ですよね。
でも、ただ無暗に食べる量を減らすだけのダイエットにはこんな弊害が。

 

  • ・肌が荒れる
  • ・目の下のクマ、シワの原因に
  • ・疲れやすくなる
  • ・頭がボーっとして集中力がなくなる

 

また、一時的に食べる量を減らすダイエットは、リバウンドが激しいのも特徴です。

 

ダイエットの秘訣は
・基礎代謝を活発にすること
・タンパク質を効率的に分解できる体質にすること
この2点です。

 

黒にんにくには「基礎代謝のアップ」と「タンパク質の分解促進」を上昇させる働きがあるんです。

 

 

黒にんにくの2つのダイエット効果とは?

 

ダイエットでもっとも重要なのは基礎代謝とタンパク質の効率的な吸収促進です。
黒にんにくにはこの2つをアップさせる成分が含まれています。

 

基礎代謝のアップ

黒にんにくにはアドレナリンの分泌を活発化させる働きがあります。
アドレナリンには心拍を早くしたり、発汗を促したり、さらに血糖値を高める働きを持っています。

 

アドレナリンにはブドウ糖を血液内に放出することで脳のエネルギー不足による信号を遮断。
空腹感を減らすのに役立ちます。

 

この際に糖分を効率よく燃焼させ、脂肪を燃やすのに役立つんです。

 

 

タンパク質分解の効率化

肥満の原因はタンパク質といっても過言ではないでしょう。
ダイエットの大きな課題は「タンパク質を効率的に分解する」ことは効率的なダイエットに必須です。

 

タンパク質の分解に効果的と言われている成分がビタミンB1。ビタミンB1はタンパク質の分解に役立つとともに、糖質を分解する働きも持っています。
黒にんにくには「アリシン」という成分はビタミンB1と結びつき、これらの働きを促進することができるんです。

 

 

もちろん、黒にんにくだけ食べていれば簡単にダイエットができる、というものではありません。
しかし少しでも少しでも早く、効率的にダイエットがしたいと思うならば、
ダイエットに必須の2つの効果をもつ黒にんにくを食べてみてはいかがでしょうか。

 

 

>>黒にんにくの効能まとめトップへ


関連ページ

抗ガン作用、予防に効果のある黒にんにく
黒にんにくは実験によりガン予防だけでなく抗ガン作用の効果があることが分かりました。
便秘に効果のある黒にんにく
黒にんにくは便秘に効果があることで知られています。また他にもガン予防など様々な病気予防に対しても効果があるのです。
アレルギーにも効果的なにんにく
にんにくはアレルギーに対しても効果がると言われています。アトピー性皮膚炎、ぜんそくなどが改善されたという報告がされています。
黒にんにくと癌の関係/黒にんにくの効能
黒にんにくは癌の予防に効果があると言われています。しかし近年の研究では予防だけでなく癌の縮小など症状自体を減らすことが分かりました。
黒にんにくの抗酸化作用の【秘密】とは?
黒にんにくの驚くべき抗酸化作用の秘密について説明します。野菜類最強と言われる生にんにくを上回る黒にんにくの抗酸化成分について。
黒にんにくの高血圧への効能
黒にんにくは血圧を下げる効果があるとされています。高血圧の原因、対策、そして黒にんにくがなぜ高血圧予防・改善に効果的なのかご説明します
黒にんにくは老化にどのような効能があるか?
老化を防ぐために効果的な黒にんにくの2つの秘密とは?黒にんにくは活性酸素除去と免疫機能低下に役立つ成分を配合している万能薬ともいえる食べ物なんです。
黒にんにくはインフルエンザ・ノロウイルス予防にも効果的!
黒にんにくがインフルエンザやノロウイルスにも効果的な食材とされている理由とは?腸内環境を整え免疫力を高める効能がある黒にんにくについてご紹介します。
黒にんにくが生活習慣病にも効果的な【2つの理由】
黒にんにくが生活習慣病の予防・対策に役立つ2つの理由をご紹介します。黒にんにくに含まれる2つの特質が現代社会で避けられない生活習慣病に役立つ理由とは?
動脈硬化に効果的な【黒にんにく】の秘密
動脈硬化の予防に黒にんにくが食べられている理由とは?動脈硬化の原因と黒にんにくの効果・効能についてご紹介します。
冷え性に黒にんにくが効果的な理由とは?
夏場でも手足が冷えてどうにもならない!冷え性を改善する効果がある黒にんにくの効果・効能についてご紹介します。
黒にんにくの効能が【病気予防に凄い!】3つの理由
病気予防に黒にんにくが効果的な3つの理由をご紹介します。