黒にんにくの体に及ぼす効果一覧

抗ガン作用、アレルギーへの耐性、スタミナアップなど様々な効果を持つと言われる黒にんにくの
効能・効果について個別に説明していきます。

 

黒にんにくには加工前の「にんにく」と比べて効能に大きな違いがあると言われています。

 

抗ガン作用
アレルギーへの耐性
滋養強壮
動脈硬化
悪玉コレステロールの減少

 

など様々な効果がある黒にんにくについて効能をまとめました。

 

黒にんにくの効能・効果記事一覧

黒にんにくには「癌」の予防効果だけでなく、癌をなくす効果も注目されているのをご存知ですか?国立弘前大学元教授 佐々木甚一氏が2006年に行った黒にんにくを使った実験結果です。佐々木甚一氏は黒にんにくのエキス(3mg)を癌を発症させた10匹のマウスのうち、5匹に投与しました。すると、癌を発症した5匹のマウスの内、3匹のマウスが40%以上 癌が減少。そして残り2匹のマウスはなんと「癌の消失」が確認でき...

特に女性に多い便秘。「誰にでもあること」と便秘を放っておいてはいないでしょうか?便秘は万病の元といわれており、ガンや心臓病、脳溢血、他にも記憶力低下や運動障害の原因になると言われています。また女性に多いものとして手足の冷えというのも聞かれます。こうした様々な症状をもたらす原因となる便秘の解消法としては様々な方法があります。その中でももっともお勧めするのが自然食品による便秘解消です。薬剤やサプリメン...

にんにくは滋養強壮の効果で有名ですが、実はアレルギーに対しても効果があるという報告がされています。科学的ににんにくの成分がどのようにアレルギーに働きかけているか?というのは分かっていませんが、にんにくを食べることにより喘息が改善されたアトピー性皮膚炎が良くなったアレルギー性鼻炎が解消されたという声が上がっています。おそらくですが、にんにくの滋養強壮成分が体を温め根本から強くしてくれることで体機能が...

「ニンニクには癌を予防する効果がある」昔からこのように言われてきました。実際に癌とニンニクの因果関係はまだはっきりとは分かっていないようです。「もしかして眉唾もの?」そのように思っている方も多いかも知れませんね。ですが、近年では実際に癌が縮小した、なくなったという実験結果もでています。弘前大学の動物実験での成果ですが、複数の癌を発症したマウスに黒にんにくの成分を投与。結果を確認したところ、ガンの縮...

黒にんにくには強い抗酸化作用が認められています。そもそも、生のにんにく自体も「最強」といわれるほどの抗酸化作用がありますが、熟成発行した黒にんにくは、それを超える抗酸化力が特徴です。本ページでは黒にんにくの抗酸化作用の【秘密】についてご紹介します。

黒にんにくには降圧剤にも負けないほどの血圧を下げる作用があります。海外の研究成果になりますが、オーストラリアにアデレード大学研究グループの研究結果が有名です。1日に半分ていどのにんにくを高血圧患者に投与したところ、収縮期血圧:8.4mmHg拡張期血圧:7.5mmHgに下がったという実験結果が発表されていることからも分かります。黒にんにくには「アリシン」「ポリフェノール」といった成分が含まれています...

黒にんにくは老化を防止するのに、なぜ役立つかご存知でしょうか?人間の老化の原因の中でもっとも大きいと考えられているのが活性酸素免疫機能低下の2つなんです。にんにくは古来より「長寿になる万能薬」と言われていますが、黒にんにくは、その生のにんにくに含まれている老化を防ぐ成分を飛躍的高められています。老化の原因となる活性酸素と免疫機能の低下について説明しながら、黒にんにくの効能について説明します。活性酸...

黒にんにくがインフルエンザやノロウイルスに高い効果があるって本当?にんにくは昔から体の抵抗力を高め、滋養強壮・体力増強にも効果があると食べられてきました。「万能薬」といわれるほどで、その歴史は古くエジプトのピラミッドにまでその記述が見られます。黒にんにくは、その「にんにく」を発酵させることで免疫力を高める有効成分が飛躍的に高まることが分かっています。インフルエンザやノロウイルスが流行る原因とはイン...

日本人の死亡原因の3分の2は生活習慣病ということを知っていますか?「生活習慣」という名前がつくと大したことがないように思われてしまいますが、生活習慣病は下記の病気の総称なんです。心臓病脳卒中肥満糖尿病高血圧脂質異常症このうち、肥満高血圧脂質異常症糖尿病の4つは、「死の四重奏(サイレントキラー)」と呼ばれており、本人が気づかないうちに徐々に症状が進み、ある日突然死に至ります。生活習慣病はその名の通り...

黒にんにくに含まれるシクロアリイン、S-アリルシステインといった成分は動脈硬化の予防に役立ちます。さらに、なってしまった動脈硬化の治療の一環としても活用できるのをご存知でしょうか?動脈硬化の原因動脈硬化の原因は血液の淀みと血管の劣化にあります。よく、「血液がドロドロ」という言葉を聞きますよね。これが血液の淀みです。血液は普段の食事や運動不足、ストレスそして加齢によって粘性を持ち、ドロドロになってし...

夏場でも会社でジャケットを羽織らないとダメ!お風呂に入ってるのに、手先が冷たい!布団にくるまってるのに、足先が寒くて眠れない!女性にとって冷え症は大敵。冷え性が原因で眠れなかったり、食欲が落ちたり、仕事中に他の人が半袖なのに、自分だけジャケットを羽織っていたり。肉体的にも精神的にも冷え性は辛いですよね。冷え性をそのままにしておくと、肌荒れやシミ、シワの原因にもなりますし悪化すると排卵機能障害や心臓...

食べる量を減らしてもなかなか痩せない!少しの運動で効果的に細くなりたい!ダイエットしながらも肌を美しく保ちたい!ダイエットというと、簡単に思いつくのは「食べる量を減らすこと」ですよね。でも、ただ無暗に食べる量を減らすだけのダイエットにはこんな弊害が。・肌が荒れる・目の下のクマ、シワの原因に・疲れやすくなる・頭がボーっとして集中力がなくなるまた、一時的に食べる量を減らすダイエットは、リバウンドが激し...

癌、風邪、成人病、高血圧、動脈硬化・・・病気の種類は数多くありますが、その予防には共通の項目があります。それが体内の基礎代謝を高めること免疫力を鍛えること活性酸素の発生を抑えることどれも体の基礎となるものです。それらを高めるために必要なのが十分な睡眠や、適度な運動、そしてバランスの取れた食事です。ただし、忙しい現代社会では昔は普通にできていたこれらのことができないことも多々あります。そこで、注目さ...